母乳の成分

母乳は、赤ちゃんが体内に摂る食事です。様々な感染症を防ぐ抗体が含まれていて、赤ちゃんが育つための栄養成分がしっかり入っています。 また、母乳の成分の中には、タンパク質が含まれているため、アレルギーが少ないメリットがあります。母乳を赤ちゃんに授乳する母親は、 母乳を飲んでいる自分の子供を見るたびにと愛しくなるのです。そして、母親に抱かれて母乳を飲む赤ちゃんには満足感が生まれます。 母も子もお互いに安心感が生まれる行為になります。

 

母乳には、「プロラクチン」と「オキシトシン」両方のホルモンが分泌されます。赤ちゃんが乳首を吸うことで刺激されて母乳が出てきます。 出始め頃は、色も黄色っぽく、エネルギーや脂肪量が成乳から見たら少なく、全体的に粘度があります。また、母乳の成分は、88%が水分になります。 母乳は、赤ちゃんへ胃の負担も軽く、母親のスタイル維持にも活躍します。良い母乳を出すためには、色々な栄養素を摂取した上で、 脂肪分が多く含まれる食事はできるだけ避け、水分をたくさん摂取し、嗜好品の摂りすぎは良くないです。授乳期の生活も適度な運動を心がけたいものです。 授乳をする前に簡単なマッサージをすることで、授乳のリズムを作りやすくなり、スムースに授乳を行うことが出来ます。

 

【注目サイト】
ベジライフ酵素液という酵素ドリンクの通販紹介サイトです・・・美的90選 ベジライフ酵素液